■ツァラトゥストラはかく語りき




生まれて初めてオーブンレンジを買った。


一人暮らしで、しかももうすでに一人暮らしの大ベテランともいえる経験を積んでいるこのボクがである。
ただあっためるだけの機械に何万も出すなんてちょっともったいないと思ってました。

場所もとるし、フライパンだってあるし。

それなのになんで買ったかというと、仕事の終了時間の関係で
買ってきたものを自宅で食べるということがすごく多くなってきた。
店で買った時にあったかくても家に帰るとすでに冷えている。
よしんば温かったとしても、ラップの裏からしたたる水滴が気持ち悪い。
レンジ調理が必要な料理や冷凍食品は今までずっとスルー。


“いつでもすぐに温められたらすごく便利なんじゃ・・・?”


と、今さら思ったわけです。
あればきっと食生活もいろいろと便利になるはずよね。


そろそろ買ってみるか・・・。







そして買った。
買ったと同時にスーパーに行き冷凍食品を買った。



ウホ!




コンビニで弁当を買う時、
“あ、あっためなくていいです”
と言った。



ウホホ!



あったかいものが置いてあるのにわざわざ冷たいものを買った。



ウホ! ウホ!



商品の裏に“要レンジ”と書いてあるものばかり買った。



ウホホホ!



日本酒の熱燗がすぐに出来るようになった。



ウホ! ウホ! ウホ!



たけしは便利さに魅了された。



ウホホ!! ウホ! ウホ!



そしてたけしは猿になった。








あなたにも見えるだろう。

空に放り投げた骨が宇宙に漂う宇宙船に進化を遂げる光景が!!

【HOME】

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー