■灼熱平井堅




「たけし」



「なんですか、平井さん」

「動くなや。ただでさえ暑いのにますます蒸し蒸しになるやんけ」

「しょうがないやないですか。クーラー取られちゃったんやから」

「扇風機くらいないんかいな」

「ないですよ。一緒に取られましたやん」

「暑いの〜〜〜」

「だいたいなんで平井さんの借金の形にうちの家具まで差し押さえられるんですか。
  平井さんのアパート住めなくなるのはわかるとして」

「連帯保証人ってやつやがな」

「そんなの判子押した覚えないですよ」

「寝とったから判子は借りてん」

「泥棒やないですか!!
 ボクのクーラーと扇風機返してください! 返してくださいよ!!」

「うるさいやつやな。
 ホンマやったら、たけしのほうにだけ取り立てが行くとこなんやで。
 家具だけで済んでよかったやないか」

「・・・平井さんはいつもそうや・・・」

 



「しっかし・・・冷蔵庫の霜取りくらいしろや。
 霜で冷凍室モコモコやんけ。氷も作られへん」

「ボクの家で勝手なこと言わんでくださいよ・・」

「・・・しかし暑いの〜〜〜」

「暑すぎて寝られませんよ・・」

「たけし、おまえ金いくら持っとる?」

「今ですかぁ?・・・156円・・」

「シケとるの〜。マンガ喫茶も行けんがな」

「そういう平井さんはいくら持っとるんですか」

「金なんかもうないよ。プレゼント買ったばかりやから」

「えっ? 誰のプレゼントですか」

「・・・誰でもええやないか・・」

「新しいひと(男)見つかったんですかぁ?」

「・・・どうでもええやないか」

「誰ですか? ボクの知ってる人ですか?」

「知らんよ」

「どんな人ですか、平井さん」

「・・・」

「教えてくださいよ、平井さん。平井さんってば」

「男らしい人やで・・」

「そうなんですか」

「肌がこう褐色でなぁ・・ガッチリしててムキムキで。ガチムキね」

「へぇ」

「笑顔がステキなんやで」

「名前はなんていうんですか?」

「・・・言いたない・・」

「ええやないですか。からかわんから教えてください」

「言いたない」

「ええやないですか、ねぇ平井さん」

「・・・・」

「なんて名字ですか」

「・・・・・・・剛田」

「へぇ、強そうな名前ですねぇ」

「・・・・・」

「下の名前はなんていうんですか?」

「絶対言われへん」

「なんでですか〜。そない言われたらよけい聞きたなりますやん」

「・・・・」

「なんて言うんですか、ねぇ平井さん」

「・・・・」

「名前ですよ、平井さん」

「・・・笑うから」

「笑うわけないですやん。教えてください」

「・・・・・・・・武」

「なんだ、ボクとおんなし名前やないですか」

「・・・・・・・」

「剛田武っていうんですか。・・・・ん?」

「・・・・・・・」

「“ごうだたけし”って・・・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ジャイアンやないですか!!」



「見ろ! やっぱり笑うたやないか!!」





【HOME】

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー